保険の見直しを行い適した利益を得る

逓増定期保険の特長

保険の種類を知って節税しよう

保険には様々な種類が存在します。 法人保険の中には保険で節税できるものも存在し、節税対策として利用されています。 代表的なのが逓増定期保険で、この保険は掛け捨てタイプの生命保険です。 逓増定期保険は解約返戻金が多いのが特徴です。 多くの生命保険で、解約返戻金は契約後すぐに解約しても返戻率が低く設定されています。 逓増定期保険はその期間が短めで、契約後数年で解約してもそれまでに支払った保険料のほぼ全額が返戻されるのです。 法人企業は経営者や従業員の生命保険料を経費として算出できるので、多くの企業が生命保険の中でも解約返戻金の多い逓増定期保険に加入して節税対策として利用しています。 この時注意したいのが、逓増定期保険にも種類がたくさんあって解約返戻金の低いタイプも存在するということです。 効率的な節税のためには保険選びが重要となります。

保険選びで気を付けることはなんなのか

逓増定期保険を取り扱っている保険会社は複数存在します。 保険会社によっても、保険のタイプによっても、契約内容が変わってくるのでしっかり確認することが必要です。 価格も様々ですが大体年間保険料が100万円から2000万円くらいまでの設定となっており、平均すると500万円ほどの保険が選ばれることが多いようです。 これは企業の規模や収益、従業員の年齢や収入によって大きく変わってきます。 逓増定期保険の解約返戻率は、契約後5、6年を過ぎたころから90パーセントを超えるように設定されているのが多くの保険会社に平均していえることです。 このような制度を利用して、逓増定期保険は節税対策としてだけでなく、退職金の準備としても使われています。 企業にとって保険選びは重要な節税対策です。

» ページのトップへ戻る