保険の見直しを行い適した利益を得る

保険のメリット

保険相談をするときの注意点

私は無知といってもおかしくないほど、保険に関しての知識がまるでありませんでした。事故が起きたときに保険が使える、怪我や病気をしてしまったときに保険が使える、この程度の知識しかなく実際どのような仕組みになっているのかも知りませんでした。 私は結婚してからまもなく、お腹の中に赤ちゃんが宿りました。報告をしに実家に行ったときに、学資保険もかけときなさいと母に言われました。初めて聞いた言葉だったので何のことかわからず、友人が働いている保険会社に行き学資保険についてやその他の保険相談をしました。 学資保険はこれから産まれてくる赤ちゃんのための教育費になるものであり、かけておくと子どもに何かあったときに利用できるものだと丁寧に説明してくれました。 注意することは、のちにもらえるお金とそれまで支払う保険料を比較することです。支払う保険料のほうが多ければ、結局損をしていることになります。この点も注意して、保険相談をするときには初めから一つの会社にしぼらず、何社か訪ねてみると良いと思います。

学資保険のメリットは何か

どの会社もメリットがあると同時に、デメリットも存在します。軽い気持ちで決めてしまっては、後から悲惨なことになることもあるので気をつけていきたいところです。自分たちにとって不利な契約をしないためにも、実際かけている人に詳しく話を聞いてみたり、自分自身で調べてみるのも手だと思います。 学資保険について保険相談をして良いなと思ったことは、まとまったお金が受け取れることや、何かあったときに治療目的として使えることです。子どもは元気いっぱいで常に走り回ったり、少し大きくなったらスポーツなどもやることでしょう。その時に怪我をして、いきなり多額の治療費がかかると言われたら大変です。その時に学資保険を利用することができるので、負担も少なくすることが可能になります。 また、入学金などでまとまったお金がいるときにも、今まで積み立ててきた学資保険があるので安心です。 全く知識がなかった私ですが、保険相談でたくさんのことを知ることができたので、まだあまり知識がない方は一度保険相談をしてみることをおすすめしたいです。

» ページのトップへ戻る