記事一覧

地球に優しい処理法です

男の人

再資源に生まれ変わります

製造された商品は消費され、いずれは廃棄されていきます。資源は永久に続くものではないと知りながら、物を気安く消費したり廃棄していては資源が底をついてしまいます。廃棄物は、一般家庭から排出される一般廃棄物と、建設現場や工場から排出される産業廃棄物に分けられます。埼玉県にある産業廃棄物処理施設では集められた産業廃棄物を廃油や汚泥、廃プラスチック、廃アルカリ、廃酸など20項目に分類していきます。中には毒性があったり、爆発性の高いもの、感染の原因となる廃棄物もあります。これらは埼玉県知事や環境庁の監視の元、適正な方法で処理されなければなりません。人体に害の出る産業廃棄物には無害化して処分するよう法律によって定められていて、埼玉県の廃棄物処理施設の運用内容によっては改善命令を出す場合もあるほど厳しく管理されています。産業廃棄物は初めに細かく分類されたあと、中間処理を施します。これにより最初に排出されたゴミが再利用され、量が半分に軽減されます。一般廃棄物においても包装、容器の再利用や家電のリサイクルが義務付けられているように、再資源化に向けて中間処理をするようにしています。埼玉県の工場から出た産業廃棄物は再生化して工場に戻し、資源として有効活用しています。中間処理後に残された物は人体に影響がない状態を確認できたら地中へ埋められます。近い将来、埋め立てにも限界がやって来ます。更なる技術革新により産業廃棄物処理施設も新たな処理方法を模索しながら環境に貢献していきます。

Copyright© 2017 産業廃棄物の処理はプロに依頼|業者選びが重要 All Rights Reserved.